ネット婚活の豆知識

ネット婚活には冷やかしの人もいるの?騙されないための特徴と対処法

更新日:

ネット婚活をしていると冷やかしのようなユーザーがいることがわかります。

自分は婚活を真剣にしているのに、相手が冷やかしの人だと、とお付き合いをするのは時間の無駄でもあるので避けたいところです。

今回はネット婚活で冷やかしの人に騙されないための方法を紹介します。

ネット婚活の冷やかしのパターン

実際にネット婚活をしていると、出会い目的ではなく暇つぶしや小遣い稼ぎのために参加している悪質な一般ユーザーがいます。

それが冷やかしのユーザーです。

サクラや業者ではないあくまで一般人です。

 

暇つぶしスタイルの人の特徴としては、暇なので誰かと遊びたいと思っています。

特に女性であれば無料でやり取りを行うことができるアプリもあるので、とても厄介な存在です。

暇なので、お金を持っていそうな男性と連絡を取り合いご飯に行ってフェイドアウトするなどの行為が目立ちます。

 

お小遣い稼ぎスタイルの人の特徴としては、ネットワークビジネスに勧誘するなどが挙げられます。

メッセージのやり取りなどで仲良くなり、ネットワークビジネスなどに誘います。

ネズミ講のような仕組みになっているので、商品の購入をしてもらうことができれば自分にお金が入ってきます。

 

ネット婚活でサクラや業者に騙されない対処法

業者やサクラというのは、婚活サイトでのメッセージのやり取りをまともにしようとしません。

数通くらい行ったら面倒なのでLINEでやり取りをしようと提案があります。

その後LINEでやり取りをしていると何かしらの理由をつけて違うURLを張り付けてきます。

 

そして登録をさせてお金を騙し取ろうとします。

引っかからない相手に時間をかけることはしません。

そのため得策としては、簡単に自分の連絡先を教えないことです。

 

違うSNSでのやり取りやURLが送られてきても無視をしましょう。

おかしいと思ったら徹底的に無視をしましょう。

ネット婚活で冷やかしやサクラは本当に存在するのか

最近の婚活サイトは運営側もしっかりとした管理体制をとっています。

入会の際にもFacebookを利用するなど業者やサクラの抑制には力を入れていることが伺えます。

しかし冷やかしは一般ユーザーですので見分けるのは難しいです。

 

出会い系サイトと呼ばれるサイトと比べると婚活サイトはサクラは少数であります。

イケメンや美人なのに全然人気がないという人には注意が必要です。

疑っていきましょう。

その人は数日後強制退会となっている可能性があります。

この人はサクラでしょう。

 

最近のネット婚活では通報というシステムがあります。

通報をされると、運営側からイエローカードが出されます。

それで判断をすることができます。

 

そのため冷やかしの人はイエローカードをもらっていることが多いです。

ですのでネット婚活で活動している人の中にはある一定数の冷やかしの人は存在することを知っておくといいでしょう。

 

ネット婚活での冷やかしの被害を最小限に抑える方法

ネット婚活をしていると騙されてしまうこともあると思います。

その時に被害を最小限に抑えることが大事です。

 

冷やかしの人は真面目に婚活をしておらず、暇つぶし程度にしか考えていません。

自分が傷つかないためにも、傷を少しでも浅くするためにも最小限に抑えることが重要です。

 

まずは、複数の人間とやり取りをしましょう。

この人がダメになっても自分にはまだやり取りをしている人がいると思えると傷は浅くなります。

 

ネット婚活で冷やかしかなと思ったときに取る行動

マッチングをしても一切返事がなく音信不通状態というのを経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

真剣に婚活をしている人にとっては、とても悲しくなり冷やかしと思ってしまうこともあるでしょう。

 

気にせず放置をして、新しい出会いを求める人もいると思います。

音信不通となるような人は運命の人ではないと諦めるのもいい方法です。

自分の送った文章を振り返るのも方法でしょう。

 

やはり疑問文であると相手も返信をしやすいです。

3日間くらい待ってそれでもなれければ諦めて前を向くのがいいでしょう。

-ネット婚活の豆知識
-

Copyright© 婚活・お見合い研究所|結婚相談所、ネット婚活、マッチング、パーティー、お見合い写真 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.