ネット婚活の豆知識

ネット婚活で本名を出すタイミングはいつ?トラブルにならないためにも気を付けたいこと

投稿日:

ネット婚活での出会いにおいて、会ったこともない人に初めから本名を明かすのはリスクもあることです。

ほとんどの場合はニックネームでのやり取りでスタートしますね。

実際に会ってみるにあたり、ニックネームでのやり取りは気恥ずかしさがありますし、相手の本名を知らないまま関係を進めるというのもなんだか変な話です。

結婚を前提の出会いですから、信頼関係を築くことは重要。

では、本名を明かすタイミングとしてベストなのはいつなのでしょうか。

ネット婚活で本名を出すタイミング~メッセージのやり取りをしている段階で本名を明かす

「はじめまして」とやり取りを開始する段階で「○○と申します」と自己紹介をしてしまうパターン。

相手が名乗ってきた場合は、自分も名乗らないわけにもいかない…なんてパターンもあるのではないでしょうか。

初めから本名を明かすことに抵抗を感じるならば、ひらがなのみで漢字は教えないといった個人情報漏えい対策の手段もありますが、全く知らない相手に本名を伝えるのはハイリスクのようです。

真剣な出会いを考えている人ならば本名を教えるのはもっと親しくなってからにしたいと伝えることで理解してもらえるでしょう。

また、相手の名前が偽名である可能性もあります。

やり取りの中で怪しさを感じる場合にはすぐに見切ることもネット婚活には必要かもしれません。

ネット婚活で本名を出すタイミング~会うことになったタイミングで本名を明かす

ネット上ではニックネームで呼び合っていても、実際に会ってみたら気恥ずかしく呼べないこともありますよね。

名前も知らない人と食事をしているのも違和感…距離を縮めるための手段として本名を明かしてもいいかもしれません。

一度会っただけではわからないこともたくさんありますから、初めは下の名前だけでも十分。

実際に会ってみたら思っていた人と違った…ということもネット婚活ではよくあること。

なんとなく違うな、と思うならば本名は明かさないことも大切です。

ネット婚活で本名を出すタイミング~2回目以降のデートで本名を明かす

初めてのデートが終わった後にも連絡が続き、お互いにまた会いたいと思えて、やっとのことで成立する2回目のデート。

お互いに興味を持ち、今後も関係を続けたいと思えるこのタイミングに本名を明かすことをおススメします。

本名を知ることで、ネットでの出会いがより現実的な出会いになるでしょう。誠意を見せる意味で有効なタイミングになります。

ネット婚活で本名を出すタイミング~トラブルにならないために気を付けたいこと

本名を明かすことで、より親しくなり関係を深めることができますが、避けたいのはトラブル。

起こり得るトラブルについて考えてみましょう。

最も心配なのは個人情報の悪用。SNSで検索をかければ本名だけでなく、住んでいる地域、勤務先、出身校、友人、家族etc…プライベートが筒抜けてしまう可能性が大いにあります。

交際に発展しなくても、脅迫や付き纏いなどのストーカー行為に及ぶ可能性もあります。

本名を本当に教えて大丈夫な相手なのか、慎重に見極める必要があります。

また、事件までとまでは言いませんが、婚活の状況をSNSに書き込んでいる場合、真剣な交際を考える上でマイナスになることもありますので、ご注意を。

ネット婚活で本名を出すタイミングまとめ

本名を明かすタイミングは人それぞれではありますが、相手のことを何も知らないうちにオープンにしてしまうことはリスクが高いようです。

ネット上でのやり取りや初めてのデートの際にはせいぜい下の名前だけ

やり取りを重ね、信頼関係を築き、お互いに興味を持って今後の関係を深めていきたいと思えたとき、つまり2回目のデート以降がフルネームで本名を明かすベストタイミングのようです。

本名を明かすことでのリスクももちろんありますし、ネット婚活においては登録の際に個人情報を提示し、サイト側が管理していることも増えていますが、何らかの方法で潜り抜け、婚活以外の目的で利用している人がいるのも確か。

少しでも怪しいと感じたら回避することを心に命じ続けることもネット婚活をする上では必要なのかもしれませんね。

-ネット婚活の豆知識
-

Copyright© 婚活・お見合い研究所|結婚相談所、ネット婚活、マッチング、パーティー、お見合い写真 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.