ネット婚活の豆知識

ネット婚活でフルネームを教えるベストなタイミングと気を付けておきたい注意点まとめ

投稿日:

ほとんどのネット婚活ではフルネームを明かす事がなく、ニックネームでやり取りをスタートします。

ネットを介した出会いであるため、実際に会った事のない人物にフルネームをを明かすのはリスクがあります。

 

ニックネームでやり取りをするのは、当然の事です。

しかしニックネームのまま呼び合うのは、いざ会う時になったら気恥ずかしかったりいつまでもフルネームを知らないのは今後の信頼関係にも関わってきます。

 

ネット婚活でフルネームを明かすタイミングとは?

フルネームを明かすタイミングには、個人差があります。

早くから信頼関係を築きたい人は、早々にフルネームを明かすのがベストです。

 

だがトラブルに巻き込まれたくなく慎重にいきたい場合は、相手との交流を深めてから行うのが良いです。

そのため、自分が納得出来るタイミングで教えるのがおすすめです。

 

相手がフルネームを明かしてきたら、自分も明かすのが最も賢いタイミングです。

ただし1回のメッセージだけで明かしてきたり親しくなったと感じていないのであれば、自分のフルネームを明かす必要はないです。

 

真剣な出会いを求めているのであれば、こちら側の気持ちに寄り添って理解してくれるはずです。

これだけで離れていく相手であれば、その程度の人間だったと割り切って次に進みます。

 

ネット婚活でフルネームを明かすときに気を付けたいこと

あまりにも早い段階から相手がフルネームを明かしてきたら、ヤリモクや業者等の不正ユーザーである可能性が高いです。

あなたに早く出会って身体の関係を持ってネットビジネスをもちかけるという目的を果たすため、親近感を与えようとしています。

 

また明かしてきたフルネームも偽名であったり、赤の他人に成りすましているケースもあります。

怪しいと感じたら、自分の直感を信じて回避する事もネット婚活では必要なスキルです。

ネット婚活でフルネームを明かすタイミングと親近感がわく

ネット婚活を行って気になる相手が出来たら、メッセージやLINE等で交流を深めてお互いに惹かれ合うと実際に会ってデートする段階に移ります。

会う約束を取り付けたタイミングで、フルネームを明かすのも良いです。

 

ネット上でやり取りを行っていても、初対面の人をニックネームで呼ぶのは馴れ馴れしく気恥ずかしさもあります。

またぎこちない空気感が漂うと、周りからも滑稽な二人と思われてしまいます。

このような事態を避けるにも、このタイミングでフルネームを教えるのは節目と言えます。

 

この段階でフルネームを明かすのに抵抗がある場合は、フルネームではなくて苗字だけや名前だけを明かすだけでも十分です。

初めてのデートが成功して良い感じの雰囲気になれて2回目のデートの約束が出来たら、フルネームを明かすのがおすすめです。

メッセージで良い関係が築けても、実際に会うまではどのような相手か判断がつきにくいです。

 

しかし対面する事で思っていた感じと違ったりもっと気になる人になったりと相手に対する印象が定まるため、自分の気持ちもハッキリとしてくるはずです。

また次の約束を行っている場合は、相手もこちらに興味をもっている証になります。

フルネームを教える事で、もっと距離を縮める事が出来ます。

 

ネット婚活でフルネームを明かすメリット・デメリット

ネット婚活でフルネームを教えるメリットは、相手の本気度が高い事を示すアピールになります。

個人情報の中で慎重に扱うフルネームを明かすのは、かなり勇気が必要な事です。

ネットで調べる事が出来る現代では、フルネームが分かると職業等が分かってしまいます。

 

重要な情報であるフルネームを教えるのは、そこまで行っても親しい仲になりたい本気度の表れです。

SNSでプライベートな事が分かってしまう事を、逆手に取る事も出来ます。

自分の人柄を自らアピールしなくても、相手がSNSを通して知ってくれるかもしれないです。

 

デメリットは、SNSで間接的に自分をアピールするのは慎重に行わないと個人情報を悪用される可能性もあります。

SNSを行っている人は、厳重に内容をチェックしておきます。

-ネット婚活の豆知識
-

Copyright© 婚活・お見合い研究所|結婚相談所、ネット婚活、マッチング、パーティー、お見合い写真 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.